学生のころ、住んでいたアパートが古かったので、思い切って引っ越しました。
学生でお金がなかったんで、引っ越し費用を節約するために友達に手伝ってもらって業者を使わずに自分たちで引っ越しをしました。
もともと住んでいたところが1階、引っ越し先も1階で、場所が近く、一人暮らしで荷物が少ないので、友達数人に手伝ってもらえば大丈夫だろうと思っていましたが、想像以上に大変でした。

大きめの車を持っている友達がいたので、車を借りて何度も往復しました。
段ボールは最低限の個数にして、衣装ケースも段ボール箱代わりにして、洋服や食器、小さい荷物を運びました。
ベッドやテーブルはみんなで運びましたが、玄関から出すのが大変でした。
テーブルに少し傷がついてしまいました。

朝から夕方までかかって作業をしたのですが、なかなか終わる気配がなく、とりあえずは新居に荷物を入れて、その日の作業は終わりにしました。
ゆっくり片づければいいと思っていたのですが、忙しくてなかなか片づける暇がなく、完全に片付くまでに1か月くらいかかりました。

手伝ってもらった友達にお礼としてご飯をごちそうし、片づけに1か月もの時間を要してしまい、今になって思えば引っ越し業者に頼んでさっと終わらせたらよかったかなと思いましたが、今となっては良い思い出です。