引っ越しをするときは、多くの人にお世話になる場合があります。
特に、大家族での引っ越しや、荷物が多い人が引っ越す場合は、荷造りから荷解きまでの一連の作業だけでも大変です。
また、赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭では、引っ越し当日の食事の準備も気に掛けることになります。
大人の場合は、即席麺や菓子パンで済ますことができますが、子どもの場合は、そういうわけにはいきませんね。
それと、引っ越し業者への気遣いも必要になります。
この考え方には個人差がありますが、やはり、お茶を用意したり、「寸志」を用意したりすることは大切ではないでしょうか。
ちなみに、お茶を沸かすためのガスコンロや、お茶を冷やすための冷蔵庫は、当日は使うことができません。
そのため、休憩時間を見計らって近くのスーパーやコンビニ、自動販売機まで買い出しに行くことになりますね。
なお、「寸志」を渡すタイミングですが、当日、作業の前に渡すほうがいいという意見や、すべての作業が終わってから渡すという意見もあります。
また、タオルやソックスなどの実用品をお土産などとして渡すと、重宝されるかもしれませんね。